奥三河ジュニアおしごとレポート

ファンデーションなどの中には、東栄町から出た鉱物が入っていた。

三信紘工株式会社

三信鉱工はセリサイトを産出している。セリサイトが取れる場所は日本ではここだけであり、品質も良く、多くの美容品に使われている。東栄町の歴史は意外と古く、昭和初期頃らしい。

三信紘工株式会社

三信鉱工で産出されているセリサイトの歴史は現社長の三﨑順一さんの祖父が金をほろうとした事が東栄町のセリサイトの始まりだそうだ。初めは三﨑さんの祖父が金をほり出そうとして出てきたのがセリサイトだった。だが、社長の祖父は別の鉱物と勘違いしていたが、東京の大学の教授が「これはセリサイトだよ。」と言ってセリサイトの産出が始まったそうだ。

三信紘工株式会社

東栄町のセリサイトは品質が良くさらさらしており、1つ1つの粒子の大きさは1.0ミクロン以下だそうだ。そのため、国内では花王やコーセーなどの大手企業が取り寄せるほどだ。しかも、その品質の良さは、外国でも認められ、アメリカやフランスなどの企業の物にも使われる。

取材をしてみた感想

地元の会社が国内の大手企業の美容品に使われている事や、国外からも「東栄のセリサイトは良い」と言わている事がとてもうれしい。このような事がずっと続けば良いと思う。

この記事を書いた記者の紹介

東栄町6年:遼稀くん

好きな事は体を動かすこと。(野球が好き)好きな食べ物はトマト。勉強が嫌いで特に嫌いな教科は数学。ゲームが好き!!

<< 取材記者一覧に戻る

問合せ先

奥三河ビジョンフォーラム
〒441-1326
愛知県新城市中野15-10
新城市商工会館
TEL:0536-23-2554
フォームでのお問合せ

リンク