奥三河ジュニアおしごとレポート

おさけをつくるためのおこめの道

関谷醸造

お米は1とんいっきにやるからせい米に2日かかるとおしえてくれました。お米はコシヒカリはあまりつかわないようです。

関谷醸造

むすときも1とんをいっきにむすので大きな入れものにつめて大きな白いぬのをかけてむし、シャベルのようなものでむしたお米をあるきかいに入れていきました。むしたお米はカリカリのかたいお米でした。そのお米がパイプへすいこまれ、いろいろのこうていをすぎあわあわになり、こむぎこみたいなじょうたいがしぼるまえのものです。

関谷醸造

しぼるきかいでしぼったおさけがこれです。それにへんなものがないかけんさしてそこからびんづめをしてラベルをはってそれをまたけんさしてしゅっかされます。

取材をしてみた感想

おさけはいろいろのこうていをとおしてつくられてそのこうていをするにも時間がかかるということが分かりました。

この記事を書いた記者の紹介

設楽町4年:明来音くん

すきな食べものはカレーです。しょうがっこうは、友だちとおにごっこや一輪者をしています。テニスをならっています。テニスは兄がやっていたからやりました。

<< 取材記者一覧に戻る

問合せ先

奥三河ビジョンフォーラム
〒441-1326
愛知県新城市中野15-10
新城市商工会館
TEL:0536-23-2554
フォームでのお問合せ

リンク