奥三河ジュニアおしごとレポート

お酒ができるまで

関谷醸造

設楽町にあるせきやじょうぞうは、お酒を作っている所です。しょうかいされたお米の中でしっている地区のお米が2種類もあってびっくりしました。夢山水とチヨニシキです。その2つのお米の名前をどっちもしっていました。

関谷醸造

お酒を作っている所には、おおだまころがしでつかうおおだまくらいの大きさのお米をむすかまがありました。2年前に1ど見学させてもらった時もおどろいたけれども今回改めてこのかまを見ておおきさにおどろきました。

関谷醸造

お酒のビンにお酒が入ってかんせいするまでには、あじがちゃんとしているかなどのテストがあることをはじめてしりました。でも、わたしが1番びっくりしたことは、お酒がかんせいするまでに短くて60日、ながくて、3年と2か月もかかるということです。

取材をしてみた感想

このこう場に来たのは、2回目だったけれど、いつもお母さんやお父さんがのんでいるお酒の作り方をくわしくしることができたのでよかったです。作っている所がみれてよかったです。今日1日楽しく見学することができました。

この記事を書いた記者の紹介

設楽町5年:華愛ちゃん

好きな食べ物は、りんごです。好きな色は、黄色です。好きなスポーツは、ソフトテニスです。ともだちとかにすすめられたからです。きらいな食べ物は、きゅういです。好きな教科は、家庭科です。ぬうのが好きです。

<< 取材記者一覧に戻る

問合せ先

奥三河ビジョンフォーラム
〒441-1326
愛知県新城市中野15-10
新城市商工会館
TEL:0536-23-2554
フォームでのお問合せ

リンク